新たな金脈

今年は、新たに稼働させる新会社に対して種まきを始める。
しばらくは運営開発(自発権利を促すため)に勤しもうと思う。

人の案件に注視するのであれば、パートナー次第で本領発揮。
過去に数十件と運営協力してきている。
私に頼りっぱなしで、等分化できた仕事量ではない。
やる気がいつも数か月で頓挫する。

共有できた人はたった1人の経営者だけ。

運営開発をするのであれば、利権をものにできることが最終目標でアッと言わせる運営内容でなければ時間に身を投じる意味が無い。
大体のパートナーは皆、中途半端な思想で他力本願。
そういう奴らと組みとう無い。

もっともっと私自身レベルアップをしたいので、5つの矢の1つだが知識情報の器量と自己開発能力に対して時間とお金を投じよう。
3つの能力向上と1つの鍛練、1つの産業改革に目覚める。 その前に自他ともに認める人材確保が焦点だ。
これを行わないと前に進まない。
中々、相性良い人に巡り合わない。
とにかく出会う機会を多く求めて、行動するしかない。
お見合いみたいなもんだな。
多く出会うということは、情報も多く交差する。
目的を絞り、寄り道情報にのめり込まず焦点を絞る。
弊社ではリスクを負わない人と和を組まないことが大前提ですね。