価値観を捨てる

小さな火種が、大きな対岸の火事へ。
収拾つかなくなる前に気付いて欲しい火種になった原因を...

価値観=何を大切にするかという優先順位。
時と場合によっては価値観を捨て、相手に接することが大事ですね。

同性も異性も、人はそれぞれの価値観を持ち、良い意味でも悪い意味でも、価値観は多様に変化する。
愛も憎に変化したとき、その異なる価値観同士が激しくぶつかり、喧嘩へと発展する。
最初は我慢するが、念の言葉を言われ続け、心に傷がついたという人がいます。
自分の為を思って言ってくれている念の言葉を、勝手に悪口と受け止め、自分で自分の心に傷をつける人がいます。
相手からの念の言葉を受け取り、マイナス思考へと受け止め、貴方を思って批判してくれているのに最終的には自分で心に傷をつけます。

受け止め方を変えれば、こんな素敵な考え方もできます。
全ての念の言葉を感謝して[ありがとう]と思える人ですね。
賢人は自分への批判的と思える念の言葉をプラスとして受け止め、成長意欲に変えていきます。
今私は、幸いにも多くの事業家に可愛がられている。
また10代の頃から、先輩の方々に熱い念の言葉を頂戴し、その言葉の意味を理解し、一心不乱に動いてきた。 捉え方により、言葉は愛にも憎にも入れ替わる。
今後、衝突しそうな場合は、全ての価値観を捨て、自念より他念に置き換えて見てはいかがでしょうか?