心躍る大切な人

人が一番大変な時、何の役にも立たないのは、負のマイナス感情ですよね。

冷静な理性で判断しながら「プラス感情を保ちながら考え抜く」ことを高めた方が良いです。

そして人生、邁進していく中で、一番余計なアクションは「悩む」と「焦る」こと。

悩めば悩むほど、時間を浪費し、有効なタイミングとチャンスを必ずと言っていいほど逃し、焦りからは、間違った行動や発言をしてしまう連鎖を生むということ。

「悩み焦るより、考えろ」です。

この3年間、プライベートに関して思いっきり悩み、焦る自分がいた!

結果、とっても素敵で大事な人を失った。

今のこの時間を全力で意識して、
他の事を考えながら、相手に接するより、少しの時間でもいいから、大事な人の話に心から耳を傾ける。

そんな時間を持ちたいです。

ビジネスで目標を持ち、心は満たされていますが、慌ただしく流れていく日々の中で、

予定や計画を立て、ビジネスの優先順位を決めたりし、将来を形成する時間を作る事も大切だけど、


人が一番大切にしたいものは、心をいつも「大切な人」に置くことです。

私は、その心ときめく大切な人がいないと、全てにおいて頑張る価値の度合いが低くなるので、限りなく継続できるよう多からず少なからず、保ちたいものです。