「未分類」カテゴリーアーカイブ

遊びと仕事

最近、負の感情を表現しても、気持ちが離れなかった方に出会い、私を感化させてくれている。

内外的な刺激と癒しの側面と攻守のマネジメントの資質を持っている。

やっと同じ感覚を持ち、前向きで戦略的な発言と想定内に施すリスクマネジメントの発言をキャッチボールが出来る、信頼ある強力なパートナーが現れた。

ずっと大切にしていこう。

さて事業改革のこの時期に、世界中を騒がせている、この問題にどう立ち向かうか?真価が問われますね。

私は、この不安状況下の中で、お付き合いある周りの方の真意も覗けるので正直いい機会です。

いま様々な角度で、自分と自社を見つめ直しています。

有能な経営者は「仕事と遊びの境目が少ない」という共通認識があります。

「この時間はプライベートだの!ビジネスモードだの!」と、頭を切り替えるという思考をそもそも持たないので、日常の生活の中でも、このプロジェクトをどう遊ぶか?どう楽しむか?どう喜ばすか?どう驚かすか?と斬新な発想を楽しみながら、視線と視点で捉え、仕事も遊びも同じテーブルに載せ、充実した人生を送る術を知っております。

これからの時代、興味の赴くまま子供のように遊び、創造し、好きなことにドハマリすることで、プライベートとビジネスの垣根を隔てなく、仕事を遊びとして、遊びを仕事として、考えないと生き残れないと思います。

ホント、義務感で嫌々、仕事やってるようじゃ人生楽しめませんね。

人は 、好きなことや楽しめることに対しては、 時間も忘れてしまうほど 夢中になるものなので、このフロー状態を頻繁に感じている人達が、積極的にビジネスを切り開いていく様々な要因力が漲っていき、勝算ある空気を見いだしております。

遊びが仕事になるかは、その時代の市場の有無に関係してきますが、無ければ独自な市場のプロジェクトを仕掛け作ればよいと思います。

仕事は、本気になると「遊び」になり、好きな仕事をすればするほど、その工程(プロセス)が面白くて、楽しみも喜びも大きくなります。

遊びも、本気になると「仕事」になり、本気になって遊びをすればするほど、童心に戻り、熱狂させ、その過程で質が高くなり、人を喜ばせたり、躍動感を与えたりして、その結果、努力に応じて、お金を稼げるようになります。

ホント、もうゲーム感覚ですね!

そう、仕事と遊びを分けた考え方でいるのなら、まだ人生を本気になって楽しんでいない証拠なのかなと、私は思っております。

スポーツの世界感でよく使われる引用語ですが「パッシブレスト」と「アクティブレスト」を交互に行うことにより、遊び=仕事の延長線上で、好きなことして体を動かし、好きなことして体を休め、心と体の回復に繋げる!

そして、好きなことをしながら、稼ぐ術を得て、人生を謳歌することが出来れば、ホント最高ですよね (o^―^o)ニコ

強い意志と覚悟が幸せ呼ぶ

「覚悟」を決めるということは…

好きと思える、興味があると思えるなら、先ずは懐に飛び込んでみよう!

そうすることで新たな景色が見えてくる。

決して怖がっていたら後悔という文字しか残らなくなる。

いきなり正解を出そうとするのではなく、
とりあえず一歩前に踏み出してから、その後で答え合わせをしていけば良い!

それを繰り返していくことで悩むという迷路を抜けることができ、一歩ずつ理想となる道が確実に形成できるよ。

でもそれを一人で続けることは、とても難しく感じますよね。

励ましてくれるパートナーがいなければ、結局 『覚悟』 を先延ばしにしてしまう。

それは残念なことです。

しかし意外と近くに支えてくれる人はいるはず。

覚悟が出来るか?は、支えてくれる協力者が身近にいるからという声もよく聞きます。


仮に周りを見渡して、その存在が見当たらなくても、

そう思える方に相談してみよう。

行動を起こして、不安要素を消していくことが出来れば多くのやりたいことが見えてくる。

覚悟って、気合いとか、根性ではありませんので、冷静にやるべきことを考えて、淡々と行動できると思えることを自分で決めていくこと。

そうすることで、今の自分の現実と向き合い方向性をハッキリさせることができるね。

悩みの解決や目標への着眼点の先送りは、人生の最大の汚点となります!

何をやったらどうなるかなんて、やってみないとわからない。 

もちろん、覚悟を決めるにあたり、心の準備は必要ですが、時間が経てば経つほど、自分の頭でそれなりに理由をつけて、何かを始めようとする時、家族がどうの、時間が無い、お金に余裕がとか、それ相応の理由を見つけ行動を止めてしまいます。

その結果を確かめなかった為、これこそが「後悔」となってしまいます。

みんな、些細な事ですら未来を予測することなんて不可能なんで、

やる理由と目標目的があれば、覚悟を決め、行動するだけなのに。

何はともあれ、気張らずに楽しんで目的に邁進して行こう。

でも永遠に「今」を楽しむためには、実は絶え間ない努力が必要です。

時代は自分を置いてお構いなしに成長して行くのですから、未来の「今」を楽しむために「今」努力する必要があるんですよね。

自分なりの幾つかの覚悟があることによって、芽生えるきずきを伝えます。

・覚悟は、自分の言動に責任を持てます。

前向きな言動にはサポートしてくれる方が側にいます。だからこそ自信を持って責任を抱けるのですね。

覚悟を持って人に接すると、相手を信頼をさせてあげることが出来る強い要素です。

・覚悟は、目の前の事を全力でぶつかり、全力で楽しめます。

迷いが無いため、純粋に相手にぶつかり結果を楽しむ。だからこそすぐに取り組む信念がある。

笑うのも泣くのも悲しむのも怒るのも今日で終わるかもしれない!そう考えると目の前のことを全力で楽しむことができますよね。

自分にも、心から大切にしている方々にも…

また思い描けた妄想が形になるって、とても素敵なことです!

・覚悟は、感情が豊かで失敗を恐れない。

よく笑い、時には本気で怒る。

そして他人から見て辛いなと思える経験も
それを話して他人が笑ってくれるのであれば、そんなHappyなことはありませんね。

その経験があるから今の自分がある、その経験は自分にとってかけがえのないものになります。

全てにおいて本気で、遊ぶことも仕事することも… そして周りを同調させる空気はとっても大事ですね。

・覚悟は、他力を期待をしていません。

未来は自分で切り開いていくものと心から解っています。

中途半端なことをせず、今できるベストな思考と行動を仕掛けている。

大事なことは、自分の可能性を知るということです。

そして未来には今の自分とは別人のように成長したすごい自分がいるはずだと思うことですよね。

・覚悟は、他人の目を気にしない。

他人が自分の人生をどうにかしてくれると思っていませんか?

言っておきますが、他人はあなたの人生をどうもしませんし、どうにも出来ません。

なので、他人の目なんて一切気にする必要はありませんよね。

どんな戦いでも相手に覚悟があれば、覚悟のない人間は負けますよね。

これはビジネスでも同様です。

大きな挑戦をするとき、成功する人は必ず覚悟をもって取り組む。

その覚悟の差が、考える力や努力への比重と姿を変えて、大きな結果に繋がります。

少しでも行動を起こせば、小さくとも何かは変わります。

その積み重ねが成果なのだと思います。

動き慣れている人、挑戦し慣れている人は「覚悟を決めた」なんて思っていなくて、自分の生活時間の中で、やりたいことをやってるだけのような気がします。

その多くの覚悟が、生き方や人間性を形成し、その人の持つオーラとして輝き保てます。

自分も、覚悟を決めた人が隣にいて欲しいと強く感じる。

それが強い柱になると…

人は覚悟を決めた瞬間!心底美しいと思えるのは、自分の中で「これだ!」と信じるものを見つけて、自信につながる瞬間だからだと思う。

周りの人にどう思われようと自分の道を進んでいる人は、カッコいいなと!

それと同時に誰かの「覚悟」を応援できる人が増えて欲しいし、自分もそうでありたいと思う。

大きな一歩

今日から大晦日に掛けて、身の回りの大きな断捨離はじめる(⌒∇⌒)

身軽になることで、もっと花咲かせたい事業と叶えたい思いに集中させる。

スリム化を自分と会社に与えてみる。

創業16年以来、ここまで大きな断捨離するのは初めてかも。

前に進むための近道!

来年は、投資要因先を大きく変えてみる。

壊して組み立て、思いを形にする。

気を緩めた途端、ビジネスで何か失っている気がする

気を張り詰め過ぎて、プライベートで何か失っている。

常に自分がベストを尽くせたかどうか?が、まだまだ出来ていない。

ビジネスはある意味、己との戦場!そして結果的に社会貢献!

とはいうものの、結局は自己満足の世界。

もっと自分投資に時間もお金も使うことを念頭に、会社は人を育て、任せ、管理していく体制に...

理想ではあるが、2年後の50歳までには、資産をプラスにして、会社の代表者を引退し、個人株主として席を置いたまま、事業家から、自分案件を他人通して形にする事業投資家に目標を切り替えたい。

時には、この世の中、人の感情も色々と変わり、理不尽で中身のない社会だなと痛感するが、童心を持ち合わせた純粋な心で人生を形成する本気の方々もいる。 だからこそ、ビジネスもプライベートもゲームのように楽しめるのだろう。


今後はプライベートに時間とお金の両輪に標準を合せ、歯車を落とし込もうと思う。